女子ウケ 男 服装

自分のセンスに自信のない私は、いつもマネキン買い!

お店の正面や角などに置いてあるマネキン人形。みなさんは、どんな感じで見ていますか?

 

多くの場合、そのお店の店員さんが、マネキンにお勧めの洋服や流行りの洋服を合わせて着せていると思うのですが、普通の人は、そのマネキンを参考にする程度かと思います。

 

しかし、自分のセンスに自信のない私は、自分で洋服を選ぶようになった頃から、いつも、マネキン買い専門!

 

同じようなパンツが自宅にある場合は、そのトップスだけを購入し、同じようなパンツを持っていない場合は、トップスのみの予定だった買い物でも、マネキンが着ているまま、購入するのです。

 

以前、予算オーバーだったと言う事もあり、マネキンが着ていたトップスのみ購入しました。しかし、自宅に戻り、持っているパンツに合わせようとしたのですが、どれに合わせて良いのかわからず、結局、一度も着る事なくシーズンを終えた事もあったのです。

 

それからと言うもの、少々の予算オーバーでも基本、マネキン買い専門になった私。着て行く予定がはっきりしている場合などは、洋服だけでなく、靴やバックもマネキンが持っている物を購入する事にしています。

 

本当は、自分のセンスで購入したいと思う事もあるのですが・・・。

 

マネキン買いも良さそうだと思いました

 

マネキン買いという言葉を私は最近になり知りました。

 

たまに服を買っている通販会社から届く雑誌のなかの記事にマネキン買いという言葉が載っていました。

 

ファッションに強い方なら当たの前のように知っている言葉らしいのですが私はそれまで知りませんでした。

 

マネキン買いという言葉を最初に見たときはファッションのコーディネートの勉強のためにマネキン本体を買うことだと思いました。

 

マネキンを買って持っている服を着させてコーディネートの研究でもするのかと思っていました。それはそれで良いマネキンの使い方だとは今でも思っていますが、実際のマネキン買いという言葉の意味は違っていました。

 

マネキン買いという言葉を知らない方にその意味を簡単に説明しますと、マネキン買いとはショップに置いてあるマネキン、そして雑誌やネットのファッションサイトに載っているモデルさんたちが来ているファッションを全部そのまま買ってしまうことを差します。

 

モデルさんが来ているファッションを全部そのまま買ってしまえば改めて自分で服のコーディネートをする必要はありません。

 

プロのコーディネーターが選んだファッションなのですからコーディネートの失敗を防ぐことも可能です。私はいつも服は単体で買っていますがマネキン買いも良さそうだと思ってしまいました。

メンズファッション

 

お洒落な方が絶対モテる!

 

女性が彼氏を選ぶ一つの基準にお洒落かどうかは絶対ポイント。

 

いつもスーツで格好良いと思っていた人が、私服はとてつもなくダサかったら100年の恋も一気に冷めてしまいます。

 

服は第一印象に係る重要な部分なので抜かりなく!

 

女性は最初からお洒落な彼氏が欲しいか、ダサい彼をお洒落に変身させたいか、の2択に分かれます。

 

かなりお洒落好きなキラキラ女子は理想も高いから、前者を求める事でしょう。

 

顔も仕事も完璧な出来上がっている人を好んで探します。
男性は、どのような彼女が欲しいのかによってスタイルを変えるべきです。

 

自分のスタイルを貫き通し、それに合った彼女を見つけるのも一つですね。

 

万人受けを狙うなら、シンプルで、清潔感が一番です。

 

髭は剃り、アクセサリーはしなく、髪は月一でメンテして、短く切った爪、、、
服もダラダラダブダブした服でなく、細身のパンツに糊の効いたシャツ。

 

だけど、どこか1つにはお金を掛けている。時計か、靴か。

 

こだわりが強す過ぎるのも考え物ですが、大人の男だったら良いのでは?

 

冬の小物使い(マフラー・靴・手袋)は一番センスが問われる所なので気を入れて選んでくださいね。

 

色使いや素材はかなり重要です!女性は良く見てます!

 

服は完璧なのに小物使いが下手では本末転倒。
アウターもかなり重要です。最近はロングコートがキテますね。

 

ロング丈コートを着てる男性はカッコいいです。大人な感じで、色気を感じます。

続きを読む≫ 2015/11/30 07:35:30

今年のメンズファッションで、女性から見て思わず「格好良い!」と思うデザインの服があります。

 

それは、「TOPISM」というブランドの、ボリュームネックボタンスウェットメンズプルパーカーです。カラーは8種類から選べます。

 

このパーカーのポイントはネック部分にボリュームがあり、胡桃調の3つのボタンが一際印象に残ります。同じブランドの、無地VネックメンズロングTシャツも一年中色んなシーンで着回しが出来る優れ物のシャツです。

 

このシャツも、8種類のカラーバリエーションでジーンズのボトムスにピッタリな相性抜群のシャツです。

 

それと、2015年はミリタリーのジャケットが注目されています。私個人の意見としては、ピーコート、ショールカーディガン等の比較的コンパクトなアウターが格好良く思えるのですが、毎年流行がありますから、それをいつものコーディネートにプラスしてみるのも良いですね。

 

チノパンもトップスがミリタリーだと、コーディネートが難しいと思います。

 

結構ボリュームがある様に見えるので、ミリタリーをアウターに選ぶ場合は、スキニージーンズ等のスッキリしたボトムスを意識して合わせるとお洒落になると思います。

 

チノパンは逆で、ボトムスにボリュームがあるので、トップスを前述したTOPISMの無地Tシャツをコーディネートすればとてもカジュアルでありながら、清潔感があるメンズコーディネートになると思います。

続きを読む≫ 2015/10/12 06:51:12

メンズファッション

 

初心者は、服を選ぶ際に迷ってしまうことが多いですが、それはメンズファッションの種類を知らないからです。

 

どのような種類があるかを知っておけば、自分に合った物が分かるようになるので、どれを身に着ければいいかということもすぐ分かるようになります。

 

メンズファッションの種類には、以下のような物があります。

 

まず、「キレカジ系」。

 

キレイめのアイテムをベースに、カジュアルアイテムを混ぜて若干崩すというスタイルです。

 

オシャレで清潔感があるので、女性に最も人気があります。

 

二つ目は、「お兄系」。

 

「男らしい」という点をベースにしたスタイルで、女性にモテることを目的としています。

 

とはいえ、意外とチャレンジしやすいスタイルでもあり、若い人には人気があります。

 

三つ目は、「ストリート系」。

 

その名のとおりストリートから生まれたスタイルで、全体的に緩やかなシルエットが特徴です。

 

また、シューズにもこだわることが多く、個性的なデザインの物が好まれます。

 

四つ目は、「アメカジ系」。

 

アメリカの大学生をイメージしたスタイルです。

 

「定番なので、初心者でも手を出しやすい」「流行の影響を受けにくい」という点から、幅広い層に支持されています。

 

続きを読む≫ 2015/10/07 05:34:07

メンズファッション

 

メンズファッションはレディスよりも色数も少なく、ファッションスタイルもパターンが少ないというイメージがあると思います。

 

実際にビジネスではスーツスタイルで似たようなデザインと思う人もいるかもしれません。カジュアルなスタイルでもシャツとチノパンやジーンズとジャケット、スポーティカジュアルでもジャージやTシャツといったバリエーションも少ないので簡単にコーディネートできるのではと考えがちです。

 

しかし、色数が少ないということはよりシルエットに自然と目が行き、、微妙なカラーコーディネートをうまく合わせるのが難しいとも言えます。

 

誰が来ても同じようにそれなりに見えるスーツなどのシルエットもサイズが合っていないとどうもセンスよく見えなく。だらしなく見えます。

 

カジュアルなども楽だらからとシルエットを無視したような着こなしはどうもしまりがないコーディネートになってしまいます。

 

カラーコーディネートはメンズは寒色系でダークな色が多いために、微妙な近い色同士でコーディネートしてしまうと年寄りくさいメリハリのないカラーコーディネートでぱっとしない印象になってしまいます。

 

メンズコーディネートこそシルエットやメリハリのあるカラーコーディネートを意識して考えなければセンスのいいコーディネートにならない場合が多くあります。

続きを読む≫ 2015/10/07 05:19:07

メンズファッション

 

20代以上の男性サラリーマンは週末以外はスーツを着用することが多いのではないでしょうか。

 

ですから男性ファッションという場合カジュアルよりもスーツをいかに上手に着こなすのかが重要だと思います。

 

普通のサラリーマンがファッション雑誌に掲載されているような高額のスーツではなく、普通のスーツ専門店(アオキ・青山・ハルヤマ)などのスーツでも
十分におしゃれに見える着こなしについて考えます。

 

まずスーツをきてきちんとした印象を受けるために大切なことは、自分にピッタリあったサイズのスーツを着ることです。

 

そんなことは当たり前と思われるでしょうが、ほとんどの男性が厳密にいうときちんと自分にあったサイズのスーツをきていません。

 

まず中高年の人は一般に自分にピッタリより大きめのサイズを着ていますし、若者は逆に少し小さめのサイズを着る傾向があります。まずそこをジャストサイズにすることが第一歩です。

 

それから既製服はA体、Y体など標準体型・痩せ型と身長によってサイズがきまりますが、それがきちんと合うひとはまれで大体どこか大きかったり小さかったりするものです。

 

スーツを買う店で少し補正料金がかかっても、そこをきちんと補正してもらうことが重要です。

 

例えば上着の袖の長さ、ズボンの丈・裾幅で着こなしの印象は全く変わります。一般に上着の袖もズボンの丈も長すぎます。同じ店で同じサイズのものを何度か買って自分にあった補正の仕方を決めていくのが一番いい方法です。

続きを読む≫ 2015/10/07 05:03:07

メンズファッション

 

今年40歳になる男性からのお話です。

 

 

 

むかしからファッションには無頓着でおしゃれのかけらも考えたことはありませんでした。

 

もちろん、仕事で着こなすスーツだけはきちんとネクタイ、シューズ、バッグとともに気を使っていましたがプライベートに関してはさっぱりといったところでした。

 

ところが2人の娘が高校生、中学生になると週末に一緒に出かけるときにわたしのファッションがあまりにもひどいので嫌がるようになったわけです。

 

そこでこの年になってファッションでイメージチェンジを図る作戦に出ることにしました。

 

といっても突然興味を持てといわれても厳しいので基本的には家内にコーディネーターになってもらってイメージチェンジを図る作戦を実行することになりました。

 

まずはわたしに似合いそうなブランドをいくつか回って選ぶことにしました。

 

アウトレットやショッピングモールを回ってみて自分自身でもいいなと思うブランドがいくつかありました。

 

そこで季節ごとにバーゲンをねらっていくつかブランドごとに洋服を購入して着こなすことからスタートです。

 

家内曰く、こうしたルーティンを2年もまわしていけば、それなりに洋服のラインナップも揃い、ファッションにも自信が出るということです。

 

あとは信じてついていくだけです。

続きを読む≫ 2015/10/07 05:00:07

メンズファッション

 

今思うと考えられない事なのですが、当時(中学生、高校生の頃)は服屋さんで試着をするのがなぜか億劫でした。

 

なのでいつもデザインなどは第一印象で購入し、サイズに関しては上着はL,ジーンズなどのボトムスは33インチと決めていました。

 

しかし、当然のことながら、各ブランドごとにサイズには微妙なズレがありますし、同じ33インチでも形や太さは様々です。

 

色味に関しても店内の照明と自宅では全く見え方が違っていて、黒だと思っていたのに実は深緑だったなんてこともありました。

 

結局気に入らなくて、お店に返しに行くのですが、気まずいったらありゃしません。お店の方は丁寧に試着を勧めてくれていたのに、大丈夫の一点張りでしたからねえ。

 

成人する頃にはさすがに学習能力が働いて、しっかりと試着するようになりました。しかもかなり念入りにチェックしています。

 

試着室のスペースは思いのほか狭く、至近距離でチェックすることになってしまいます。

 

私の場合、遠目での見え方もチェックしたいので、靴を履き、わざわざ少し離れた場所まで移動します。

 

そこで納得して初めて購入に至るのです。とにかく試着には時間をかけているので、あの頃のように帰ってから後悔するなんてことは一度もありませんよ。

続きを読む≫ 2015/10/07 04:51:07