女子ウケ 男 服装

スーツをきてきちんとした印象を受けるために大切なことは、自分にピッタリあったサイズのスーツを着ること

メンズファッション

 

20代以上の男性サラリーマンは週末以外はスーツを着用することが多いのではないでしょうか。

 

ですから男性ファッションという場合カジュアルよりもスーツをいかに上手に着こなすのかが重要だと思います。

 

普通のサラリーマンがファッション雑誌に掲載されているような高額のスーツではなく、普通のスーツ専門店(アオキ・青山・ハルヤマ)などのスーツでも
十分におしゃれに見える着こなしについて考えます。

 

まずスーツをきてきちんとした印象を受けるために大切なことは、自分にピッタリあったサイズのスーツを着ることです。

 

そんなことは当たり前と思われるでしょうが、ほとんどの男性が厳密にいうときちんと自分にあったサイズのスーツをきていません。

 

まず中高年の人は一般に自分にピッタリより大きめのサイズを着ていますし、若者は逆に少し小さめのサイズを着る傾向があります。まずそこをジャストサイズにすることが第一歩です。

 

それから既製服はA体、Y体など標準体型・痩せ型と身長によってサイズがきまりますが、それがきちんと合うひとはまれで大体どこか大きかったり小さかったりするものです。

 

スーツを買う店で少し補正料金がかかっても、そこをきちんと補正してもらうことが重要です。

 

例えば上着の袖の長さ、ズボンの丈・裾幅で着こなしの印象は全く変わります。一般に上着の袖もズボンの丈も長すぎます。同じ店で同じサイズのものを何度か買って自分にあった補正の仕方を決めていくのが一番いい方法です。